« 寒さと嬉しさを噛みしめる職人 | トップページ | 我が子の服を整える職人 »

2015年2月19日 (木)

ダルマに願をかけなおす職人

 お陰さまで本日、ラトル工房は8周年を迎えることができました。

 

 …とはいえ、特に大きな変化や発表があるわけではないのですが、

私事な心境としてスッキリとした気分で「9年目」を迎えたいと思い、

「確定申告」「材料補充」はては「自動車免許の更新」…などなど

色々と溜まっていた雑務をこの1週間で全て消化してしまいました。

 あとはこのブログを書いたらオールクリアです。

 作業場も少し掃除してみたのですが、その際に木の粉まみれに

なっている小さい「ダルマ」と目が合ってしまいました。

 

Blog1502191 これです。

 黄色い福ダルマ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自分で購入したのか、それとも誰かから頂いた物なのかも忘れて

しまったのですが、たしか「ラトル工房」を開業して間もなくには

既に作業場に飾ってあったようにも思います。

 片目が入っているということは何か「願かけ」をしたはずなのですが、

その内容すらも忘れてしまい、罰あたりにも木の粉にまみれたまま、

今は作業場の窓際に鎮座している状況です。

 

 恐らく私のことですから、とくに具体的な目標もなく

 「お金が懐に入りますように」

…程度の浅い願いしか込めていなかったようにも思うのですが、

8周年のこの日に目が合ったのもなにかの縁かとも思い、

改めて「願」を定めてみることにしました。

 

その願は、ズバリ

 「10周年を迎えられますように」

…です(笑)。

 

 そもそも「ラトル工房」を開業しようと思った一番の動機は

「10年以上売り続けられる玩具と製作環境を作りたい」という

ものでしたので、それほど的ハズレではないようにも思います。

 

 近頃は運営もうまくいっているので自発的に辞めることは

毛頭考えていませんが、「天変地異」や「病気事故」…など

なにが起こっても不思議ではない御時世ではありますので、

そんな「抵抗不可能な方面」についてはダルマ様の御利益に

すがりたいと思います。

 

…あとは自力で10周年をもぎ取ります(笑)。

 もちろん9年目もこれまでと変わることなく、努力は惜しまず

より良い玩具が生み出せるよう製作に励みたいと思っております。

 ひきつづき御愛顧いただければ幸いです。

 

 そして来週は、ようやくこちらの商品の発売も予定しております。

 

Blog1502192 長い道のりでした(笑)。

 詳しくは次週。

 

 

 

 

 

 

 

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

|

« 寒さと嬉しさを噛みしめる職人 | トップページ | 我が子の服を整える職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダルマに願をかけなおす職人:

« 寒さと嬉しさを噛みしめる職人 | トップページ | 我が子の服を整える職人 »