« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月30日 (水)

秋の習作を作った職人

 「新しい作品を作ってみせよう!」と思う創作意欲が、今年は

恥ずかしながらなかなか湧いてくれませんでした。

 

 既存品の製作に追われ続けているから…と言い訳をするのも

嫌なのですが(笑)、秋だからでしょうか、週末に創作意欲が

少し湧いてきたような気がしたので、これを逃すものかと急遽

新しいラトルのデザイン検討をしてみました。

 

 まだ販売は出来ない「習作(練習用の作品)」の段階ですが、

3点ほど試作を作ってみたので、ここに紹介させていただきます。

 まず1つ目は『雪だるまのラトル』です。

 

Blog1509301 そのまま

 ズバリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつもは2種類の木材を使って「ツートンカラー」にしていますが、

この作品ではブナ材だけを使って「雪の白さ」を表現しました。

 色も形も単調なので腹部に波線で「雪の溶けそうな不安定感」を

出してみたのですが…ちょっと解りにくいですね(笑)。

 

 続いて2つ目は『ワンピースのラトル』です。

 

Blog1509302 海賊王ではなく

 服の方です(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おかっぱ頭&ワンピースで、「夏の元気な女の子(でもどこか

懐かしい感じ)」を狙ってみました。

 服のシルエットを変えればバリエーション展開もできるかも…と

思っていたのですが、工具と製法の影響でワンピースの形が細かく

再現できず、デザインにちょっと無理が出てしまいました。

 

 そして3つ目が『雨がっぱのラトル』です。

 

Blog1509303 雪ダルマと並べると

 妙にマッチ(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 今までのラトルとは木材の配色(白&黒)を逆にすることで、

新しい雰囲気を狙ってみました。

 ディフォルメを利かせすぎてアニメっぽくなるかとも思たのですが、

実物はそこまで違和感を感じませんでした。

 

 どのデザインも方向性がバラバラなようですが、一応、

「雪だるま→」「袖なしワンピース→」「雨がっぱ→梅雨」と、

日本の四季を季語のようにデザインに取り入れる試みは、

ラトル工房のアイデンティティー(?)として常に意識しています。

…結構、いい加減なのですが(笑)。

 どの作品も気になる部分があるので「そのまま商品化」とは

なかなか行かないのですが、イベントでのテスト販売などで

お目に掛けられる機会があるかもしれません。

 

 そうできるように、もう少し練ってみたいと思います。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月24日 (木)

ゴロゴロはできなかった職人

 連休中はイベント参加の予定もなく、軽く仕事をしながらもあとは

家でゴロゴロ過ごす…というイメージだったのですが、蓋を開ければ

親族とドライブに行ったり、老婆を連れて都内へ墓参りに行ったりと、

絶えず「アクティブな連休」となってしまいました。

 その「親族とのドライブ」ですが、横浜からやってきた姪&甥の

リクエストもあって、群馬県太田市の「藪塚町」という場所へと

行ってまいりました。

 

 この町は一見すると「山の麓の地味な田舎町」なのですが、

探せばアチコチで「ゆがんだ昭和」を体験することができる、

とてもディープな観光地なのです。

例えば…

 

Blog1509241_2 蛇がウジャウジャ

 「スネークセンター」

 ※園内が凄すぎて

  門しか載せられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1509242 熱々のハンバーガーや

 うどん&そばが出てくる

 「無人自動販売機」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1509243 妙に美味しい

 群馬のB級グルメ

 「焼きまんじゅう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…などなど、田舎育ちの私にはそこまで珍しい光景では

ないのですが、都会育ちの子供たちの目にはどれも十分に

刺激的に映ったようで、なかなか楽しんでもらえたようです。

 

 あまりお薦めできる観光スポットではありませんが(笑)、

もう少し足をのばせば世界遺産になった「富岡製糸所」なども

あるので、その序に立ち寄っていただくと良いかもしれません。

 連休の使命は無事にクリアすることができましたので、

今度は仕事面の使命に取り掛かっております。

 

 休み明け早々に機械(木屑を吸い取る掃除機)が壊れたりと

前途多難ではありますが、「スネークセンター」のあの光景

比べたら屁でもないので(笑)、なんとか乗り越えて無事に

9月を終えたいと思っております。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月16日 (水)

3時間も語り合った職人

 先週に関東を襲った帯状の雨雲は「線状降水帯」と命名されて

いるようですが、工房のあるこの地域はその帯からギリギリ外れた

場所でしたので大きな被害はありませんでした。

 

 …が、少し東にある古河市春日部市の惨状は凄まじかったようで、

さらに堤防決壊で大被害となった常総市は、5月の筑波キャンプへの

行き帰りに通ったまさにその場所でしたので、テレビで目にした光景は

とてもショッキングなものでした。

 自然の怖さを改めて思い知らされました。

 

Blog1509141 迅速な復興を

 願っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな心情のためかどうにも作業に集中できず工房の掃除などを

していたところ、珍しくお客さんがやってきました。

 日頃から仲良くさせていただいている木のおもちゃ作家さんである

「おもちゃのこまーむ」の小松和人さんです。

 

Blog1509142 一応ですが

 左:小松さん

 右:わたし

 …です(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 小松さんとは、かれこれ6年以上のお付き合いとなりますが

工房に訪問いただいたのは今回初めてで、とくにこれといった

議題があった訳ではないのですが、「木のおもちゃ」について

3時間近くも語り合ってしまいました。

 

 もちろん、「考え方」「理想」が全ての面で一致しているという

わけではなく、さらに私などはその両方がかなりあやふやなので

困ってしまうのですが(笑)、それでも、それぞれ偏屈なまでに

「木のおもちゃ」の新しい可能性を見いだそうとしている姿勢

とても似ているように思いました。

 

 年に数回しか会うことはありませんが、会う度になにか気力を

植え付けていく、とても不思議な作家さんであります。

 気力をいただいたところで、今月後半はひたすら部品在庫を

増やすようにしたいと思っています。

 

 来月は東京おもちゃ美術館の「おもちゃ祭り」などイベントへの

参加がいくつか予定されているのですが、そちらはまた後日に

詳しく告知をさせていただきます。

 今は、とにかく作ります!

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 9日 (水)

自己記録を更新した職人

 先週末は埼玉県戸田市の『上戸田福祉センター あいパル』

開館記念オープニングイベントにて、「くるくるこまこの工作教室」を

開催させていただきました。

 

Blog1509091 図書館も併設された

 近代的な施設でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当日は工作教室の他にも、楽団演奏や巨大迷路などの催しが

色々と行われて、とても賑やかなイベントとなりました。

 今回の工作教室はラトル工房の「単独」での開催でしたので

大きいホールではあったものの当然ながら設営~指導は全て

わたし1人で行ったわけですが、今までの経験が功を奏して(笑)

これといったトラブルもなく順調に進行することができました。

 

Blog1509092 そして

 気がつけば

 満員御礼に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1509093 広い会場なので

 親子でのびのび

 製作できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 施設側の方々から多大な御協力を頂いたこともありまして、

午前10時の開始から午後4時の終了まで終日「満員状態」となり、

なんと終わってみれば60名分(定員50名分+予備10名分)が

全て完売となってしまいました。

 

…ラトル工房での「1日の工作教室」としては過去最高の数でして

終わったときには流石にヘトヘト&グロッキー状態となりましたが、

疲労とは裏腹に、とても達成感に満ちたイベントとなりました。

 

 参加いただいた皆様、そして御協力いただいた運営部の皆様に

心よりお礼申し上げます。

 大きな山を越えたので休息も兼ねて「山」や「海」へドライブにでも

もしくは、上野の「大河原邦夫展」にでも…と思っていましたが、

この連日、台風で大荒れなのは皆様も御存じの通りです。

 

…在庫補充の製作に励みたいと思います(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 4日 (金)

色々な箱に詰めていく職人

 9月に入って忙しさもいよいよ本番…ということでしょうか、

今週はいつにも増してバタバタと仕事を進めておりました。

 

 昼は異様に蒸し暑くなったり…

 夜に寝違えて首が回らなくなったり…

 

…と順調とは程遠いコンディションではありましたが、

「ソーのハンマー」で肩を叩きつつ、なんとかこなしております。

 

Blog1509044 硬質ウレタン製で

 気持ち良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「製作」が終われば「梱包」が待っています。

 作った作品を次々に箱に詰めなくてはならないのですが、

その梱包方法も目的によって様々です。

 

Blog1509041 個別の御注文

 パッケージに梱包。

 赤いリボンで装飾。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1509042 週末の工作教室

 材料や道具を

 ギッチリと梱包。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この他に、販売店様からの御注文も数件続いていただいたので

品目や数をしっかりチェックしながら段ボールに梱包しました。

(写真を撮り忘れましたが…)

 

 「遠足は家に帰るまでが遠足」という言葉がありますが、

私の場合「製作は梱包して発送するまでが製作」なので(笑)、

最後まで油断はできません。

 

 たくさん梱包するということは、それだけ色々な場所で

作品を御要望いただけているということだとも思うので、

それぞれに気を抜かず応えるよう心掛けています。

 今週末の工作教室が終われば一息できると思うのですが、

パソコン横にある在庫棚の「品薄感」を見てしまうと、そこまで

長々とサボってはいられないようです。

 

 9月~クリスマス時期までは繁忙期でこのブログの内容も

製作風景ばかりになると思いますが(笑)、冷やかし程度に

ときどき御覧いただければ幸いです。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »