« おもちゃの美学を感じる職人 | トップページ | 早くソワソワを止めたい職人 »

2016年1月29日 (金)

デザインを盛っては削る職人

 本日の作業場も冬らしい寒さとなりました。

 私は皮下脂肪が厚いので寒さには比較的強いのですが(笑)、

空気が乾燥した中で「紙やすりの磨き作業」などを行うと、

指先がボロボロに傷んでしまうので、そちらの方が厄介です。

 

 予防のために「指サック」をして作業をしているのですが、

冬場は装着する枚数を増やして対応しています。

 

Blog1601291 冬の作業には

 欠かせません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その指サックをはめた手で、今週もラトル&はがための製作を

ひたすら進めていたのですが、同時に新アイテム「ふりころり」

デザインを再度見直していました。

 

Blog1512031 これです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 年末年始のイベントで販売実績も確認ができたので、

予定していた2月にいざ発売!…と思っていたのですが、

冬の寒さで頭が冷えて冷静になったのか、私の中で

それに歯止めが掛ってしまいました。

 

 とくに気になったのが製作工程と想定価格の上昇で、

いままで「鈴をつけたり」「ブタの形で愛嬌を演出してみたり」

…と、”盛って&盛って”ばかりを繰り返してしまったことで

必要以上に複雑怪奇になってしまい、素直なあの頃(笑)

見失っているように思いました。

 

 そこで、勇気をもって「削る検討」を試みることにしたのですが

色々と悩んだ末に先ほど完成した新しい試作品を眺めると、

再検討をして正解だったのだなあ…と、我ながら思ってしまいました。

 

Blog1601292 我慢できずに

 新デザインを

 チラ見せ(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご期待ください。

 残念ながら発売は伸びてしまいますが、この商品を使った

新しいイベント(?)も既にいくつか予定されていますので、

そこまで呑気にしていられません。

 2月も忙しくなりそうです。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

|

« おもちゃの美学を感じる職人 | トップページ | 早くソワソワを止めたい職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デザインを盛っては削る職人:

« おもちゃの美学を感じる職人 | トップページ | 早くソワソワを止めたい職人 »