« 自己責任で修理した職人 | トップページ | JAXAを目指してみた職人 »

2016年2月18日 (木)

丸が線になってほしい職人

 今週は「木のおもちゃの御注文」と「おもちゃのデザイン依頼」を

かなり頂いてしまったので、終日バタバタした日々となりました。

 

 そんな状況下でも「確定申告」はしっかり済ませてきたのですが、

ヒゲも剃らずにヨレヨレ&グダグダの状態で税務署に行き、

あいかわらず「フトル工房」と誤植された申告用紙を提出された

受付のお姉さんは明らかに怪しんでいたように思うのですが

…はたして大丈夫なのでしょうか?(笑)。

 そんなバタバタな状況でブログのネタもありませんので、

4月発売を目標に製作を進めている新商品「ふりころり」

話題でしのがせていただきます。

 

 現在は、発売時にあるていどの在庫数を用意できるように

「木材の手配」と「部品製作」を進めている段階なのですが、

「ラトル」や「はがため」とは違う"新しいアイテム"なので、

当然ながら今までにない形の部品が作業台に並びます。

例えば…

 

Blog1602181 納豆のような

 木の粒は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1602182 円盤部に埋めこんで

 模様になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この「3つの丸」は単なる装飾のようにも見えますが、

回転すると「3つの丸」が同化して「線」のように見えて

面白いのではないか…という趣向で付けています。

 

 実際は…

 

 

…こんな感じでそこまで「線」にはならないのですが(笑)、

ゆらゆら動く"頭"勢いよく動く"3つの丸"の対比が

なかなか面白い効果を生んでいるように思います。

 

 ただし、1体につき3個、100体で300個…と、なかなか

加工に手間が掛ってしまうのですが、そこは毎回の如く

「努力」で「根性」でカバーしたいと思います。

 発売は4月の予定ですが、それに先だって3月下旬には

これを題材にした「工作教室」も既に予定されています。

 「くるくるこまこ」のように上手くいくかはまだ未知数ですが、

楽しい場が作れるように頑張りたいと思っております。

 

告知はまた次回のブログのネタとさせていただきます(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

|

« 自己責任で修理した職人 | トップページ | JAXAを目指してみた職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丸が線になってほしい職人:

« 自己責任で修理した職人 | トップページ | JAXAを目指してみた職人 »