« デザインを盛っては削る職人 | トップページ | 自己責任で修理した職人 »

2016年2月 5日 (金)

早くソワソワを止めたい職人

 2月の頭から、なかなか無様な一週間となってしまいました。

 

 このところ"ラトル"や"はがため"ばかりに目が行っていた

ためでしょうか、第3の商品となっている"恐竜のころころ"

材料が底をついていることに先週になって気が付きました。

 

Blog1602051 この商品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本体に使う厚さ20㎜のブナ材を切らしてしまいました。

 

 慌てて仕入先に木材を発注したのですが

…運が悪いことにそちらも繁忙期でいつもより手配が遅れて

しまうとのことで、到着は今週末~来週頭になるとのこと。

 

 すでに御注文をいただいているお客様には納品の猶予を

頂いているのですが、木材が到着するまではソワソワして

仕方がない日々が続きそうです。

 ラトルの製作に使っているブナ材を流用できれば良いのですが、

あいにくそちらは全て「厚さ15mm」の板材に加工されているので

厚さが足りません。

 こういう時はいつも、「ラトル工房にも製材できる機械があれば

もっとうまく対応できるのだろうなあ…」と思ってしまいます。

 

 「製材」というのは、木材の塊を分断して「まっすぐな板」に加工する

工程なのですが、ラトル工房ではその作業は材木店さんにお願いして

「まっすぐな板」の状態で仕入れています。

 

…理由は簡単で「機材もないし、経験もないから」なのですが(笑)、

意欲はつねに持っており、ホームセンターなどを物色していても

 

Blog1602052 こんなのや…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1602053 こんなものに…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…足は止まるのですが、いまだ導入には至っていません。

 急ぐ必要もないとは思いますが、好奇心はまだまだ旺盛なので

今年はどれか1台ぐらいは試してみたいとは思っています。

 

 その前に、いまのトラブルを解消して早くソワソワを止めたい

その一心です(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

|

« デザインを盛っては削る職人 | トップページ | 自己責任で修理した職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早くソワソワを止めたい職人:

« デザインを盛っては削る職人 | トップページ | 自己責任で修理した職人 »