« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月23日 (水)

ピッタリでにっこりな職人

 大手企業では年度末ということで、取引先の皆さんもかなり

アタフタされているようですが、そのトバッチリ…もとい恩恵で(笑)、

今週は急な御依頼をいろいろといただきました。

 

 3連休を返上しての作業となりましたが、頼りにされてしまうと

やはり「No」とは言えずに張りきってしまう性分です。

 そういった御依頼をこなしつつ、いよいよ今週末に差し迫った

「ふりころりの工作教室」の準備も進めております。

 

 材料となる"部品"の製作や買い出しもほぼ終わったので、

それらを使った「完成見本」を作ってみました。

 なにせ今回が初開催となる「ふりころりの工作」なので、

作者自身も手探り&手探りで進めております。

 

Blog1603231 そして完成。

 こんな感じに

 なりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前であれば"手芸店"でなくては購入できないような

装飾用の材料も、近頃は"100円ショップ"で手軽に

揃えることができるのでとても助かります。

 

 今回も、たまたま売り場に売っていた「キョロキョロ目玉」

試しに買ってみたのですが、見本で試したところ想像以上に

マッチしていたので即採用となりました。

 

Blog1603232 ピッタリで

 にっこり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供たちはみんな喜んで目玉を付けそうな気がしますが、

何個も付けすぎると動作に影響が出てしまうのと、見た目が

「妖怪的」になってしまうので、ひとり2個までのルールです。

 

…"ルール表"も作っておいたほうが良さそうですね(笑)。

準備はまだまだ続きます。

 

 どんな作品が生まれるか本当に楽しみです。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月17日 (木)

工房が芽吹いた職人

 今週は気温が低めだったこともあって電動工具が好調だったので、

かなり気合をいれて製作を続けておりました。

 

 その甲斐もあって、かなりピンチ状態だった「ラトルの商品在庫」も

少しは立ち直り、遅れ気味だった「製品版ふりころり」の製作も

…それなりに進めることができました。

 

Blog1603171 春の陽気に

 芽吹いた若葉。

 花は咲くでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 この「製品版ふりころり」ですが、商品製作のほかに販売店様への

"案内状"や商品の"紹介動画"の撮影などもまだまだ必要なので、

発売は4月中旬~下旬になってしまいそうです。

 

…が、それに先立って3/26(土)に開催させていただく東京三軒茶屋

ウディックさんでの「ふりころりの工作教室」で、数点ほど先行販売を

させていただきます。

 

 商品はこの2タイプです。

 

Blog1603172 笑顔のふりころり

 (税別 2,800円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1603173 若葉のふりころり

 (税別 2,800円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 本当は"動画"で動いている様子もご紹介できれば良いのですが

残念ながら今週はそこまで時間的な余裕がありませんので、

当日に来ていただいた方々のお楽しみということでご容赦ください。

「動き」も「手触り」も、楽しんでいただけるかと思います。

 

…ついでに工作教室にもご参加いただけると、なお良いです(笑)。

 さらに、この「製品版ふりころり」は4月から少し変わった販路(?)

販売(?)していただけることになっています。

 

 思わせぶりな書き方になってしまって申し訳ないのですが(笑)、

今年の"新しいチャレンジ"になると思いますので、別の機会に

しっかりと紹介させていただきます。

 こうご期待。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月11日 (金)

まだまだ途中段階の職人

 先日は10歳になった娘の「2分の1成人式」に参加してきました。

大人になるまで半分きましたよ…という"途中段階"を祝う会なので、

どんな内容かまったく想像がつかなかったのですが、実際は

「学習発表会」のような飾り気のない会でした。

 

Blog1603111 歌ありゲームありで

 良い会でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 娘が10歳になったということは、私が初めて「木のラトル」を

製作してから10年経ってしまったということでもあります。

 

 初心に帰れるせっかくの機会なので(しかもネタがないので…)

その「ラトル第1号」を今回は紹介させていただきます。

 

Blog1603112 こちらがその

 「ラトル第1号」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 生まれてくる娘のためにどうして急に「木のラトル」を作ろうと

したのか…を説明しだすと、とても長くなるので割愛しますが(笑)、

タカラトミーに勤めていた当時、木製玩具の知識も経験もないまま

「無我夢中」で深夜に作っていたのがこのラトルでした。

 

 ラトルが完成した数日後に無事に赤ん坊が産まれて、

意気揚々とラトルを保育ベットに添えてみたものの…

 

Blog1603113 率直なところ

 「なんだこりゃ」と

 思いました(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「サイズがデカい」「音がほとんど鳴らない」「鋭角で危ない」

…と、理想とは程遠い反省点ばかりのラトルにただ落胆したことを

今でも鮮明に思い出すのですが、その改善&改良をその後も

しつこく繰り返してきたのが「ラトル工房ブータレブー」の

製品たちであるわけです。

 

 はたして「自分の理想的なラトル」がどんな形なのか

明確には分かっていませんが、今もまだ"途中段階"として

5年、10年とさらに模索していきたいと思っております。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 4日 (金)

個性的な作品を期待する職人

 2月内に少しでも在庫棚を埋めて、3月から"ふりころり"の製作を

本格的に始めよう…という当初の計画が吹き飛ぶほど、お陰さまで

本当にずっと御注文が続いている状況です。

 

 大口の御注文の発送を済ませて、また空っぽになった在庫棚

「どうしたものか」と考えつつ、しかしまたひたすら作るしか方法は

ないよなあ…と1人で問答しているうちに3月突入となりました。

 そんな発売に不穏な影が忍び寄ってきた"ふりころり"ですが(笑)、

今月下旬に東京三軒茶屋のお店「ウディック」さんにて開催される

「ふりころりの工作教室」は、予定通り開催させていただきます。

 

12695318_851879278254470_556128294_

 

そして動いている様子がこちらです。

 

 「木の素材に自由に着色や装飾を施して、最後に組立て」

…と、基本的には"くるくるこまこ"と同じような工作教室となりますが、

コマよりも遊び方が簡単なので、今までより小さいお子さんでも

体験していただけるかと思います。

 

 また、今回は「ずきんちゃん」or「クマさん」の2種類の形状から

好きな方を選んで頂けるのですが…

 

Blog1603041 これはあくまでも

 「完成例」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1603042

 どう仕上げるかは

 もちろん自由。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 私などには想像できないような個性的な作品がたくさん生まれて

くれることを今から期待しております。

 当日は自由に御参加いただけますが、数に限りもございますので、

事前にウディック様へ御予約をいただけると確実です。

連絡先など詳しくは下記HPを御覧ください。

 

 【ウディック】http://www.woodayice.com/

 

 皆様のご参加を心よりお待ちしております!

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »