« "Interval"と題してみた職人 | トップページ | 猫背でミシンに向かう職人 »

2016年6月17日 (金)

VRに車酔いした職人

 新型の気象衛星「ひまわり8号」になってから天気予報がかなり

正確になってきたので、近頃は工房の作業日程もそれに合わせて

計画するようになりました。

 

 関東北部は今日(6/17)から気温がぐっと高くなる予想だったので、

今週は発熱しやすい電動糸鋸の作業は昨日までに出来るだけ

終わらせるように進めていたのですが、どうやら正解だったようです。

 技術の進歩は素晴らしいです。

 先端技術といえば、今年の"東京おもちゃショー"では各社から

スマホを使った「VRスコープ」がいくつか出品され早くも競合が

始まっていたようです。

 

…今年は腰痛もあって"おもちゃショー"に行けなかったので

現物は見ていないのですが(笑)、実はそのうちの1社は

昨年の初期の企画段階でお手伝いさせていただいたので

(企画書のイラストを描いただけですが)、早くから注目は

しておりました。

 

 「VRスコープ」というのは、液晶(もしくはスマホ)が固定された

ゴーグルを装着するとその顔の動きに合わせて360度の

画像が表示されて…と説明だと伝わりにくいと思っていたところ、

偶然にコンビニで見つけました。

 

Blog1606171 雑誌「じゃらん」に付録で

 付いていました(笑)。

 なんと税込490円です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 紙製の簡易タイプで名前は「にゃらんスコープ」というらしいですが、

さっそく試してみたところ…。

 

Blog1606172 見た目はマヌケですが

 ちゃんと観えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近頃はYouTubeで"VR用動画"と検索すると山のように

動画が出てくるので「ダイビング」や「スノボの疾走」などを

調子にのって色々試してみたのですが

…みごとに車酔いしました(笑)。

 

 やりすぎ注意ですが、先端技術に触れると逆にアナログの

アイデアへの応用に気づかされることもあるので、

興味の幅はつねに広く持っておきたいと思っております。

 

ラトル工房ブータレブー http://www.bootaleboo.com

 

|

« "Interval"と題してみた職人 | トップページ | 猫背でミシンに向かう職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VRに車酔いした職人:

« "Interval"と題してみた職人 | トップページ | 猫背でミシンに向かう職人 »