« 積み木に自画自賛する職人 | トップページ | 替刃は感覚で選ぶ職人 »

2016年7月 7日 (木)

出川哲郎の口調になる職人

 いつのまにか、近所に「リサイクルおもちゃショップ」

オープンしていました。

 

Blog1607071 中古のおもちゃを

 買取&販売する

 お店です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 店構えは小さいのですが、中に入ると「昭和のおもちゃ」が

所狭しと並んでいて、昔の「町の玩具屋」のような懐かしさを

感じてしまいました。

 田舎町特有の「とりあえず捨てずに物置にしまっとけ」という

風習(?)から、古い玩具たちが集まりやすい地域なのかも

しれませんが、行くたびに興味をそそる商品が増えていて

なかなか厄介なお店ができてしまいました。

 とくに目を引いてしまうのが「ロボットアニメのプラモデル」で、

「ボトムズ」「ガリアン」「バイファム」と、子供の頃に欲しくても

買えなかったプラモデルを見つけてしまうと

…やはり、つい手が出てしまいます(笑)。

 

Blog1607072 そして購入。

 銀チューブの接着剤

 タイムスリップ(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 同じものを小学生のころに作った記憶があるのですが、

近頃のプラモデルと違って"接着"や"塗装"をするのが

当たり前の時代だったので、思ったようには完成できず

すぐに壊れてしまったように思います。

 

 そのリベンジも兼ねて(笑)、大人のスキルと威厳を込め

2週間ほどかけてチマチマと作ってみたのが…こちらです。

 

Blog1607073 作業用ロボット。

 タバコ箱ぐらいの

 サイズです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あえて昔に流行った「使い古して汚れた感じ」の塗装をして

「リアル、リアル~」と出川哲郎風に一人で満足するのですが、

一般の方々には通じないことも分かっております(笑)。

 

 おもちゃ製作(木のおもちゃ)の疲労を

 おもちゃ製作(プラモデル)で癒す

 

…我ながら"変な大人"に成長してしまったと痛感する初夏です。

 

ラトル工房ブータレブー http://www.bootaleboo.com

 

|

« 積み木に自画自賛する職人 | トップページ | 替刃は感覚で選ぶ職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出川哲郎の口調になる職人:

« 積み木に自画自賛する職人 | トップページ | 替刃は感覚で選ぶ職人 »