« コーヒーと栗に唸る職人 | トップページ | 第3の顔を現す職人 »

2016年10月21日 (金)

ガチャの予想が当たった職人

 製作が続くうちに色々な材料が底をつきはじめてしまい

「は~♪ あずきがねえ! ボンドもねえ!~」

…と、吉幾三のモノマネをしてしまうようなトラブルの多い

一週間でしたが、なんとか落ち着いてくれました。

 

 次のトラブルが起きてしまう前に、材料在庫のチェックと

補充を済ませてしまおうと思っております。

 そこで材料買い出しのためにホームセンターに行くわけですが、

仕事がらの習慣…と言い訳しながら「ガチャガチャコーナー」にも

足が向いてしまいます。

 

 近年のガチャガチャは"おまけサイズ"ながらも凝っていて、

玩具とは違ったアイデアもあって馬鹿にできないわけですが、

このところ個人的にとくに関心してしまったのが、バンダイの

「おっきなマスコットシリーズ」という商品です。

 

Blog1610211 カプセル自体が

 人形の頭に。

 胴体&手足は

 中に入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 通常では捨ててしまう”カプセル”を部品として有効活用する

考えはまさに日本人の「もったいない精神」が反映されている

…と言うと大袈裟かもしれませんが、1回300円のガチャと

考えるとコストパフォーマンスが高い商品だと思います。

 

 このシリーズは第1弾「ドラえもん」第2弾「藤子不二雄キャラ」と

続いているのですが、「第3弾はどんなキャラクターだろうか?」

…と、娘と予想をしあったことがありました。

 そして、本日その回答が出ました(笑)。

 

Blog1610212 予想通りの

 アンパンマン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…”アンパンマン”と書きつつ主役は出ませんでしたが(笑)、

個人的には「バイキンマン狙い」だったので当たりでした。

 

 球状の頭…といえば真っ先にアンパンマンとなりますが、

今回さらに感心してしまったのがギミックの改善点で、

胴体&手足の部品がバラバラにならずに、頭の中に全て

折りたたまれるように変更されていました。

 

Blog1610213 小さい部品が

 これなら出ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 低年齢向けのキャラクターに合わせたた配慮だと思いますが

見た目ほど簡単なことではないので、開発者の努力を感じて

しまいます。

 

 だからといって「ドラえもん」や「アンパンマン」に思い入れは

まったくないのですが(笑)、このシリーズが次はどんなキャラクターで

展開されるのかは非常に興味を持っております。

 

ラトル工房ブータレブー http://www.bootaleboo.com

 

|

« コーヒーと栗に唸る職人 | トップページ | 第3の顔を現す職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガチャの予想が当たった職人:

« コーヒーと栗に唸る職人 | トップページ | 第3の顔を現す職人 »