« 巨像に見守られる職人 | トップページ | ネットから姿を消した職人 »

2016年12月 9日 (金)

腐ったリンゴに悩む職人

 今週もドタバタ続きとなりましたが、特急仕事も無事に終え、

お湯が出なくなっていた「風呂のシャワー」も修理してもらい(笑)、

ようやく"ひと心地"がついた感じです。

 この時期の風物詩として「酉の市」があります。

 

 地域によって開催される時期が違うようですが、私の地元では

毎年12月上旬が恒例になっていて、今年は今週(12/6)でした。

 家内安全商売繁盛の願いこめて、今年も行ってまいりました。

 

Blog1612091 毎年変わらない

 この風景。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 神社のお参りと「熊手(くまで)」を買って帰るだけなのですが、

子供時代から染み着いた風景が残っているのは嬉しいものです。

 

 「熊手」を買うと一緒に来年の「開運カレンダー」がもらえるのですが、

これに書かれた「1年を通しての運勢」と「毎月の運勢」を読んで

一喜一憂するのも年末の恒例です。

 

 そして2017年の私の運勢は…最悪でした(笑)。

 

Blog1612092 例えるならば

 腐ったリンゴ運

 

 

 

 

 

 

 

 

 私の年代だと、おもわず金八先生のモノマネ

「生徒はぁ、腐ったリンゴではありましぇーん!」

…と口にしたくなりますが、あれは腐ったミカンですね。 

 

「既存の計画は成果を上げるが、新規の事は危険が潜む」

ラトル製作以外の仕事には手を出すな…ということなのか

来年の新商品は売れないぞ…ということなのか

 

…わかりませんが(笑)、

「甘い想定や惰性では進まぬこと」という部分は私の性格にも

合致しているので、肝に銘じたいと思います。

 

とりあえず新春の「新商品」は計画通りに発売します(笑)。

 

Blog1612093 今年もあとわずかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラトル工房ブータレブー http://www.bootaleboo.com

 

|

« 巨像に見守られる職人 | トップページ | ネットから姿を消した職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腐ったリンゴに悩む職人:

« 巨像に見守られる職人 | トップページ | ネットから姿を消した職人 »