« 雑務を消化する職人 | トップページ | へんな奇跡を信じる職人 »

2017年2月19日 (日)

ダルマが開眼した職人

 先週の2/16は「確定申告」の申請開始日だったのですが、

その当日の朝9時には税務署へ行き、早々に申告を済ませて

しまいました。

 

 「お弁当は嫌いなものから食べてしまう」という性格なので

苦手な業務ほど素早く片づけてしまうようにしております。

 

Blog1702191 税務署もまだ

 空いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…しかし、今年はさすがに早すぎたようにも思います(笑)。

 そんな必要以上にスッキリとした気持ちの中、

本日2月19日はラトル工房ブータレブーの開業記念日ということで、

これで晴れて10周年を迎えることができました。

 

 10周年と同時に、作業場の「ダルマ」に祈願していた

「10年以上売れ続けるオモチャを作ろう」という目標が

達成した日とも言えるので、片目だったダルマに

目玉を書き入れてみました。

 

Blog1702192 そして開眼。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どこかで購入したのか、それとも誰かに頂いたのかも忘れて

しまったダルマですが、これまで大きなケガや惨事もなく、

作業を見守り続けてくれた縁起物であることは確かなので、

信仰心がない性格ながらも深く感謝をしてしまいました。

 

 群馬県高崎市に、その名もズバリ「だるま寺」というお寺があり、

そこで開眼したダルマをいつでも奉納させてもらえるようなので、

仕事と気候が落ち着いたら一度行ってみようかと思っています。

 

 もちろん新しいダルマも購入する予定ですが、

今度はどんな目標を祈願するかはまだ決まっていないので、

これからゆっくりと考えてみたいと思っております。

 

ラトル工房ブータレブー

http://www.bootaleboo.com

 

|

« 雑務を消化する職人 | トップページ | へんな奇跡を信じる職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダルマが開眼した職人:

« 雑務を消化する職人 | トップページ | へんな奇跡を信じる職人 »