« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月25日 (土)

3つの要素が揃った職人

 武道の心得で「心・技・体」という言葉をよく耳にしますが、

「電動糸鋸」で木を切るときにもそれと似たような感じで、

3つの要素が合わさるといつも以上の力がでる場合があります。

 

 「糸鋸刃の切れ味」

 「気温・気候」

 「本人の精神状態(笑)」

 

…といったところかと思いますが、

今週はその3つの要素が素晴らしく揃ってくれたようで、

いつも以上に気持ちよく糸鋸が流れてくれました。

 

Blog1703251 これが

 日常的だったら

 良いのですが(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ラトル工房の「木のラトル」は基本的に同じ材料&工程で

作っているのですが、やはり形によって手間の掛かり方

微妙に変わってきます。

 

 とくに、板の中をくりぬくように切りだす作業「窓ヌキ」は、

切り出す箇所が多ければ多いほど、糸鋸作業の時間が

増えてしまいます。

例えば…

 

Blog1703252 上が猫ラトル

 下が花ラトル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ねむり猫のラトル」の窓ヌキが2ヵ所に対して

「サークルラトル・花」の窓ヌキは5か所…となります。

 

 単純に、2倍以上の箇所を切りださなければいけないので 

必然的に「花」のほうが手間も時間も掛かってしまいます。

 

 ただし「猫ラトル」は切り出すのが楽な分、その後の工程で

「顔」の部分に焼きゴテを使って「口&ひげ」を書き込む必要が

ありますので、結果的にはどのラトルも同等に「なにかしら」の

手間をかけております。

 

…なので、「どのラトルを買うのが一番お得ですか?」などと

質問されると、とても困ってしまいます。

 

 どのラトルも”ハズレ”はないと思いますので、

あとはフィーリングでお好きなものを選んでください(笑)。

 じつは、来週は色々と「結果」が出てくる予定です。

じわじわとした緊張を落ち着かせながら、

もう少し電動糸鋸で切り進めたいと思います。

 

ラトル工房ブータレブー

http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

試さずにはいられない職人

 本日は「簡易シルクスクリーン印刷」に挑んでみました。

 

 "シルクスクリーン印刷"というのはメッシュ状のスクリーンを

紙や布に当てて印刷する技法なのですが、通常はしっかりとした

設備で行うものです(お金もかかります)。

 

…が、あるHPで「100均ショップにあるものだけでできる方法」

紹介されていたのを見つけてしまい、試さずにいられなくなって

しまった次第です(笑)。

 さっそく100均ショップで物色したのですが、便利そうなものも

いくつか見つけたので、私なりに多少アレンジして行ってみました。

 

 まず最初は「版」の製作で、HPには「コルクボードのフレームに

メッシュシートを張って…」とあったのですが、私はこれを使って

みました。

 

Blog1703181 お風呂用の

 洗浄ネット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お湯に浮いた汚れをすくうネットなのですが、通常よりも網目が

細かいものが売っていたので試してみました。

 

 この洗浄ネットに、印刷したい模様(今回はブータレのロゴ)を

切り抜いた透明粘着シート(100均で見つけたキッチン用品)

貼りつければ…版が完成です。

 

 次に「印刷方法」ですが、今回は木材への印刷を試しました。

 

Blog1703182 セッティングは

 こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 版を木材に当てたら、網の余白部分にアクリルインクを置きます。

そのインクを広げるようにヘラ(100均のケーキ生成用ヘラ)

版上で滑らせて、慎重に版をはがすと…

 

Blog1703183 印字されました。

 …イマイチ(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり「洗浄ネット」の網では荒かったようで「ボテッ」とした

感じになってしまいましたが、ストッキングなど目が細かい

ものに張り替えてやると、さらに綺麗に仕上がるようです。

 後日にまたリベンジしてみたいと思います。

 「気軽に木材へ印刷する方法」は私の長年の課題で、

以前にも「PCプリンター&転写シートを使った方法」を紹介した

ことがあったのですが(こちら参照)、それだとインクに白成分が

含まれないので「白い木材以外だと綺麗な印刷ができない」

…という欠点がありました。

 

 今回の「シルク~」の場合は、単色になってしまいますが

濃色の木材(ケヤキやチーク)でも色鮮やかに印刷できるので、

スキルを獲得すれば、あれこれと活用できるのではないか

…と、妄想しています。

 

 とりあえず、少し展望が見えました。

 

ラトル工房ブータレブー

http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

フォトブックを贈っている職人

 5年前から娘の誕生日プレゼントに「フォトブック」を添えています。

 

 インターネットで写真を登録するだけで綺麗な写真集にして

もらえる便利なサービスで、私の場合は、娘の「1年分の写真」

編集して1冊にまとめてもらっています。

 

 始めたのが5年前からなので…

 

 6才の誕生日に0才

 7才の誕生日に1才

 8才の誕生日に2才

 

…と、毎年6年さかのぼった写真集になってしまうのですが、

11才になった今年は5才の時、つまり東北での震災が起こった

あの年の冊子となりました。

 

 なので、今年のフォトブックはとても考え深いです。

 フォトブックと一緒にプレゼントも選ぶ必要があったのですが、

さすがに11才の女子となると、欲しいモノが簡単に思いつきません。

 

 しかし仕事がらどうしても「おもちゃ」をプレゼントしたくなってしまう

性分ですので、いろいろと悩んだ挙句に今年はこれを選びました。

 

Blog1703111 『カンバッチグー』

 byバンダイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これに、バッチ素材用に「娘の変顔」「飼っている猫」などの

写真をプリントアウトして添えてやったのですが、結果、

とても喜んで遊んでもらえたようです。

 今年の難題もなんとかクリアできましたが

…来年はどうなるでしょうか(笑)。

 一方で、今週は仕事面でもいくつかの課題が無事にクリア

できたので、しばらくぶりにグッタリとした休日を過ごせそうです。

 来週からまた忙しくなりそうなので、いまのうちにしっかりと

骨休めをしておこうと思います。

 

Blog1703112 タコのように

 ダラダラと過ごします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラトル工房ブータレブー

http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

固定概念をくずしてみた職人

 なぜか今週は、私の固定概念が少し崩れるような出来事が

色々と起こる一週間でした。

 まず一つは…これはどうでも良い部類なのですが(笑)、

海外映画のファンである私には珍しく「日本の連続テレビドラマ」

ハマってしまいました。

 「コウノトリ」

 「下町ロケット」

 「ルーズベルトゲーム」

…と、Huluで配信されているTBSの連続ドラマシリーズを立て続けに

観てしまっているのですが、どれも「お仕事奮戦ドラマ」のためか

感情移入がしやすいようで、感動すら覚えてしまいました。

 

「日本のドラマはどうせイケメン俳優がかっこつけてるだけだろう」

…という固定概念がすっかり崩れました。

 

Blog1703051 「わが社のバルブシステム!」

 何度聞かされたことか(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに、わたしの地元”行田市”を舞台にした小説「陸王」も、

今年の10月からTBSで連続ドラマ化するらしいので、それも

今から楽しみです。

 はたして、主演の役所広司には会えるでしょうか(笑)。

 固定概念が覆された出来事のもうひとつは、

これまで頑なに断っていたスマートフォンアプリ「LINE(ライン)」を、

とうとう始めてしまいました。

 

 ただでさえ普通の人より「ネット依存度」が高いことを自覚して

いたので、これ以上「スマホ」を見る時間が増えてしまうような

サービスに手をつけるものか…と、勝手に抗っていたのですが、

旧職の先輩からの誘いもあって試しに始めたところ、

この一週間ですっかり活用するようになってしまいました(笑)。

 

Blog1703052 たしかに

 これは便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 じつは仕事面でも、固定概念の打破になるかもしれない計画が

2つほど始まりました。どちらも失敗してしまうかもしれませんが、

成功したら面白いブログが書けそうです。

 

ラトル工房ブータレブー

http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »