« フォトブックを贈っている職人 | トップページ | 3つの要素が揃った職人 »

2017年3月18日 (土)

試さずにはいられない職人

 本日は「簡易シルクスクリーン印刷」に挑んでみました。

 

 "シルクスクリーン印刷"というのはメッシュ状のスクリーンを

紙や布に当てて印刷する技法なのですが、通常はしっかりとした

設備で行うものです(お金もかかります)。

 

…が、あるHPで「100均ショップにあるものだけでできる方法」

紹介されていたのを見つけてしまい、試さずにいられなくなって

しまった次第です(笑)。

 さっそく100均ショップで物色したのですが、便利そうなものも

いくつか見つけたので、私なりに多少アレンジして行ってみました。

 

 まず最初は「版」の製作で、HPには「コルクボードのフレームに

メッシュシートを張って…」とあったのですが、私はこれを使って

みました。

 

Blog1703181 お風呂用の

 洗浄ネット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お湯に浮いた汚れをすくうネットなのですが、通常よりも網目が

細かいものが売っていたので試してみました。

 

 この洗浄ネットに、印刷したい模様(今回はブータレのロゴ)を

切り抜いた透明粘着シート(100均で見つけたキッチン用品)

貼りつければ…版が完成です。

 

 次に「印刷方法」ですが、今回は木材への印刷を試しました。

 

Blog1703182 セッティングは

 こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 版を木材に当てたら、網の余白部分にアクリルインクを置きます。

そのインクを広げるようにヘラ(100均のケーキ生成用ヘラ)

版上で滑らせて、慎重に版をはがすと…

 

Blog1703183 印字されました。

 …イマイチ(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり「洗浄ネット」の網では荒かったようで「ボテッ」とした

感じになってしまいましたが、ストッキングなど目が細かい

ものに張り替えてやると、さらに綺麗に仕上がるようです。

 後日にまたリベンジしてみたいと思います。

 「気軽に木材へ印刷する方法」は私の長年の課題で、

以前にも「PCプリンター&転写シートを使った方法」を紹介した

ことがあったのですが(こちら参照)、それだとインクに白成分が

含まれないので「白い木材以外だと綺麗な印刷ができない」

…という欠点がありました。

 

 今回の「シルク~」の場合は、単色になってしまいますが

濃色の木材(ケヤキやチーク)でも色鮮やかに印刷できるので、

スキルを獲得すれば、あれこれと活用できるのではないか

…と、妄想しています。

 

 とりあえず、少し展望が見えました。

 

ラトル工房ブータレブー

http://www.bootaleboo.com

|

« フォトブックを贈っている職人 | トップページ | 3つの要素が揃った職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 試さずにはいられない職人:

« フォトブックを贈っている職人 | トップページ | 3つの要素が揃った職人 »