« レーザー攻撃に挑戦する職人 | トップページ | 変なラトルに意気込む職人 »

2017年4月22日 (土)

加工機の短所がみえた職人

 「ゴールデンウィーク」と「こどもの日」が迫るこの時期は、

年末につぐ「繁忙期」となります。

 今年は例年以上のアタフタぶりでしたが、大口の発送が

無事に終わったのでなんとか一山超えた感じです。

 

 がんばった成果は来週には御報告できるかと思います。

 アタフタしながらも、先週に購入した「レーザー加工機」

作業の合間合間に色々と動かしていました。

 やはり新しい工作機械をいろいろと試すのは楽しいのですが、

使うほどに「簡易型」ならではの短所も見えてきました。

 

 その分、創意工夫のし甲斐もあるというもので、

例えば、部品の正確な位置に刻印できるようにするために…

 

Blog1704221 部品を置く場所に

 木板(MDF材)を貼って、

 方眼を焼いてしまい…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1704222 その方眼にあわせて

 図面を仮止め。

 そこに部品を置くことで

 かなり正確に焼けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1704223 徐々に目的のモノ

 見えてきました(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 刻印可能な範囲は「38㎜×38㎜内」という狭さですが、

画像によっては設置を45度に傾けたほうが大きいサイズで

刻印できるようです。

 

 …と、順調に進んでいるように思えますが、

実はつい先日に故障してしまい(笑)、レーザーが当たっても

まったく焼けなくなってしまいました。

 

 メーカーに問い合わせたところ、対応は驚くほどに迅速で

すぐに代わりの新品一式を送ってもらえることになりました。

(しかも故障品は返品不要という潔さ)

 

 レーザー入門機としては必要十分だと思いますが、

やはり少しでも本格的な作業への使用を考えている方には

もうワンランク上のものをお薦めします。

 かくいう私もレーザー加工機の面白さを知ってしまったので

いずれは、もう少し「プロ寄りのモノ」を購入してしまいそうな

予感がします…欲しい道具ばかりが増えていきます(笑)。

 

ラトル工房ブータレブー

http://www.bootaleboo.com

|

« レーザー攻撃に挑戦する職人 | トップページ | 変なラトルに意気込む職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加工機の短所がみえた職人:

« レーザー攻撃に挑戦する職人 | トップページ | 変なラトルに意気込む職人 »