« 20年で漕ぎついた職人 | トップページ | 両面テープを選ぶ職人 »

2017年10月21日 (土)

極小ブロックを試した職人

 気になっていた「虫歯」が先週末からとうとう痛み出してしまい、

数年ぶりに歯医者へ行くことになってしまいました。

 

Blog1710201 オバケやカボチャが

 お出迎え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なぜか過剰に「ハロウィンの装飾」が施された院内で

さらに「死神」のような風貌の初老の先生による治療は、

まるでティム・バートンの映画を彷彿とさせるものでした。

 痛みは消えたものの、しばらくは通院が必要なようです。

 その帰り道、近所の100均ショップ「ダイソー」

こんなものを見つけました。

 

Blog1710202 「プチブロック」

 極小サイズの

 ブロック玩具です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 極小ブロックといえばカワダの「ナノブロック」が有名ですが、

そのパチもの…もとい類似商品をダイソーが発売したようです。

 

※調べたところ今年の7月ぐらいには発売されていたようですが

 人気のためしばらく「品切れ」が続いていた模様です。

 

 本家と比べて「価格」が約1/6なので、材質や品質はやはり

「ダイソー'sクオリティ」なのだろうか?…と気になってしまい

思わず試しに購入してしまったのですが、

 いざ組み立ててみたところ…

 

Blog1710203 普通に完成。

 コーギー犬。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プラスチックの品質や精度も問題なく普通に遊べてしまい

逆に本家の「ナノブロック」が心配になってしまうほどでした。

 

…ただし、「組立て説明書」だけはダイソー'sクオリティで(笑)、

図説が解りにくいうえに完成写真と明らかに違うところもあって、

まるで「図形テスト」をしているような気分になりました。

 

 しかしその「難解さ」が楽しい部分とも言えなくもないので、

パズル好きの方はカワダ製「ナノブロック」と比較しながら

試してみても良いかもしれません。

 私は少しはまってしまいました(笑)。

 

ラトル工房ブータレブー

http://www.bootaleboo.com

|

« 20年で漕ぎついた職人 | トップページ | 両面テープを選ぶ職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 極小ブロックを試した職人:

« 20年で漕ぎついた職人 | トップページ | 両面テープを選ぶ職人 »