« 極小ブロックを試した職人 | トップページ | マジンガーで妄想する職人 »

2017年10月27日 (金)

両面テープを選ぶ職人

 土日は季節外れの台風でなにかと影響を受けてしまいましたが、

それが過ぎ去ってからは台風一過で、暑くもなく、寒くもなく、

とても作業がはかどる日々となりました。

 あいかわらず電動糸鋸で地道に切り出すわけですが、

少しでも効率を高めるために「薄い木材(5~8ミリ厚)」の場合は

2~3枚を両面テープで貼り重ねて、一気に切り出しています。

 

 使っている両面テープはこちら。

 

Blog1710271 ニトムズ製

 「再はく離両面テープ」

 5ミリ幅タイプです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1710272 これを板材の間に

 貼って固定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1710273 あとは図面に沿って

 普通に切り出し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当然ですが、1度に2~3個の部品が切り出せるので、

10個→20個、50個→100個…と数が多くなるほど

バカにならない効果が出てきます。

 

 ただし、ここで肝心なのが「両面テープの選択」です。

 

 作業中に板が分離しないようにしっかりと貼り合わせたい

ところなのですが、粘着力が強すぎるテープだと切出し後に

2枚に剥がれてくれなかったり、質の悪い両面テープだと

粘着面が残ってしまう場合があります。

 

 さらに、両面テープを挟んだ木材を「糸鋸の刃」で切ると

切れ味が急激に落ちたり刃が折れやすくなってしまうので、

できるだけ小面積のテープで仮止めする必要もあるのです。

 

…単純なようでじつは試行錯誤してきた作業なのですが(笑)、

結果的にはこの「ニトムズ製両面テープ(5ミリタイプ)」

私にはベストな選定となっています。

 

 大きなホームセンターであれば取り扱っているようなので

もし、糸鋸でたくさん部品を切り出す機会がありましたら

(…そんな人は少ないと思いますが)、おススメです。

 

ラトル工房ブータレブー

http://www.bootaleboo.com 

 

|

« 極小ブロックを試した職人 | トップページ | マジンガーで妄想する職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 両面テープを選ぶ職人:

« 極小ブロックを試した職人 | トップページ | マジンガーで妄想する職人 »