« 今年も焚火を囲った職人 | トップページ | ヒット・エンド・ラーンな職人 »

2017年11月18日 (土)

木材に悩みに悩んだ職人

 先日、いつものように昼飯を買いに駅前へ行ったところ、

偶然にもドラマ「陸王」のロケ撮影が行われていました。

 

 最終話あたり(?)の駅伝大会シーンのようでしたが

沿道の観衆として私も撮影に参加してしまいました(笑)。

 

 我ながら平日に仕事そっちのけで何をやっているのだろうかと

思わないでもありませんが、良い経験をさせていただきました。

 

Blog1711181_3 いまから放映が

 楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドラマの中では主人公の役所広司さんが経営のトラブル

毎回あたまを抱えていますが、今週は私も仕事のトラブルが

つづき、頭を抱える日々でした。

 

 とくに悩んだのが「木のラトル」の材料として使っている

「チーク材(褐色の木材)」の高騰で、

 とうとうラトルを値上げするしかないのか…

 それとも他の木材に変更するか…

…で、この2週間ほど本当に迷いに迷っていたのです。

 

 しかし、原産地が限られ希少性の高い「チーク材」は

今後もさらに値上がりしていく可能性が高いので、

ここは類似した褐色の木材である「ウォルナット」

変更していく方針で決めました。

 

 比較のために作ってみたサンプルがこちら。

 

Blog1711182 左がチーク製

 右がウォルナット製。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 チョコレートに例えると「カカオ成分」が7~8%程度上がった

感じに見えますが、並べてようやくわかる程度の違いです。

木目は、チーク材の方がハッキリ出るもののバラツキがあり、

逆にウォルナットの方が安定しています。

 

 実は、夏のイベントで販売した「ズゴック&アッガイのラトル」

このウォルナットで製作しており、品質も製作工程もまったく

問題なかったことが判断の決め手となりました。

…なんでも色々とやっておくものです(笑)。

 

 恐らくクリスマスが終わったあたりから徐々に切り替えて

いくことになるかと思いますが(値上がりはありません)、

これで少しホッとできそうです。

 

ラトル工房ブータレブー

http://www.bootaleboo.com

|

« 今年も焚火を囲った職人 | トップページ | ヒット・エンド・ラーンな職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木材に悩みに悩んだ職人:

« 今年も焚火を囲った職人 | トップページ | ヒット・エンド・ラーンな職人 »