« 「SF映画強化週間」だった職人 | トップページ | ドゥーパ!で紹介された職人 »

2018年5月 7日 (月)

厚さ30mmに挑んだ職人

 GW明けの初仕事…ということで、「木の店 木楽」さんより

かなり以前から御要望いただいていたオリジナルアイテム

「一輪挿し&キッチンボード」を納品してまいりました。

 

 商品のデザインはこの2種類で…

 

Blog1805071 こちらが

 「陸のなにか」

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1805072 こちらが

 「海のなにか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…と、動物なのかモンスターなのかも解らないような

「奇妙な生き物」を模したデザインとなっております。

 

 オーナー様からデザインの御要望をいただいたとき

「私はおもちゃのデザイナーなので変なモノになりますよ」と

事前にお伝えして了承はもらっていましたが

…本当に”変なモノ”に仕上がりました(笑)。

 

 「木の店 木楽」さんでは今週末の5/12(土)&13(日)に

毎月恒例の「無垢の木フェア」が開催されるとのことなので、

興味のある方はぜひお店で御覧ください。

 

 ■木の店 木楽HP →こちら

 今回の商品は木楽さんより提供いただいた「厚さ30mm

無垢材(ブナ、ウォルナット、山桜)」を使用しました。

 

 ラトル工房の商品は最大でも「厚さ20㎜」の木材までしか

使っていないので、電動糸鋸の”替刃”も通常のものより

厚木用のものに変えて挑んでみましたが、その結果…

 

Blog1805073 なんとか成功。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 想像していたよりも糸鋸が進まず、とくに”山桜”は硬くて

手こずってしまいましたが、ギリギリ切ることができました。

 正直なところ「たった1cm」の違いでここまで苦戦するとは

想像していませんでした。

 

 私が使用している「ヘグナー製電動糸鋸」が低ランクの

クラスということもありますが、今回の作業で”能力の限界”

見極められたような気がします。

 

 ちなみにこの作業の後、通常の「ラトル」や「はがため」の

部品を切り出したところ、まるで紙でも切っているような

爽快な気分になりました(笑)。

 

 爽快な気分で、今週からは本業の「木のおもちゃ製作」に

励みたいと思っております。

 

【お知らせ】

記事協力をさせていただいた雑誌「デゥーパ!」

明日(5/8)に発売となります。

書店で見かけましたらぜひご覧ください。

 

ラトル工房ブータレブー

http://www.bootaleboo.com 

|

« 「SF映画強化週間」だった職人 | トップページ | ドゥーパ!で紹介された職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厚さ30mmに挑んだ職人:

« 「SF映画強化週間」だった職人 | トップページ | ドゥーパ!で紹介された職人 »