« おもちゃショーに鼓舞する職人 | トップページ | 新型レーザーでスイスイな職人 »

2018年6月17日 (日)

ガンプラの小ささに驚く職人

 先週は、月曜日に思いついたおもちゃのアイデア

「これは新しいぞ!」と狂喜して、その興奮のまま

数日かけてアイデアを実際のカタチになるよう検討し

そして金曜日、あらためて冷静になってながめ直すと

「過去商品の形状が変わっただけ」であることに

気付いてひとり愕然とする…という一週間でした(笑)。

 

 商品企画をやっていると良くあることではありますが、

意気込みが強いほど立ち直りに時間がかかります。

 立ち直りのための気分転換にはこれが一番ということで、

週末はまた「ガンプラ」を作ってみました。

 

 今回はあまり難易度の高いもの(昔のプラモデルなど)を

じっくりと作る気にはなれなかったので、組み立てが簡単な

最近のガンプラをチョイスしました。

 

Blog1806171 そして完成。

 「ガンダムF91」という

 ロボットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ガンプラ業界(笑)で言うところの「簡単仕上げ」という

作り方で、色はほとんど塗っていませんが、表面は

水を含ませたメラミンスポンジ(激落ちくん)で磨いて

プラスチックの艶を消しています。

 

 わかっていたことではありますが、このプラモデルが

思っていた以上に小さく…

 

Blog1806172 いつものサイズの

 2/3程度のサイズしか

 ありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 まだ老眼ではありませんが「40代の疲れ目」には

厳しいものがありました(笑)。 

 吹けば飛んでしまいそうな小さな部品を組んでいくのは

なにげに神経を使いましたが、鬱屈を払拭するためには

良い気分転換になりました。

 今週はこんな「のらりくらりとした一週間」でしたが、

来週はいよいよ「新しいレーザー加工機」が到着したり、

まとまった数の御注文に対応したり、さらに夏のイベント

「C3AFA Tokyo」の最終版権チェックの結果もそろそろ

回答がある時期だったり…と、忙しくなっていきそうです。

 

Blog1806173 しばらくは

 ブログのネタにも

 困りません(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

ラトル工房ブータレブー

http://www.bootaleboo.com 

|

« おもちゃショーに鼓舞する職人 | トップページ | 新型レーザーでスイスイな職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガンプラの小ささに驚く職人:

« おもちゃショーに鼓舞する職人 | トップページ | 新型レーザーでスイスイな職人 »