« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月31日 (火)

ワンフェスに圧倒された職人

 先週末、娘が中学の同級生たちとディズニーランド

行くとのことで、自動車でその送迎をすることになりました。

 

”送迎だけ”というのがミソですが(笑)、

子供たちが園内で過ごしている間かなり手持ち無沙汰に

なってしまうので、以前から行こうか迷っていたイベント

「ワンダーフェスティバル」を視察してくることにしました。

 

 おりしも”台風12号”が接近していたので前日まで中止に

なるものと思っていたのですが、台風の異常な進路変更で

予定通りの実行となりました。

 子供たちをディズニーランドの入場ゲートまで送り届けた

その足で、自動車を走らせて幕張メッセのワンフェスへ。

 

Blog1807311 見学するのは

 今回初でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1807312 ものすごい

 広さでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場の広さもそうですが出展数はさらにものすごく、

いくら歩いても作品が途切れないその多さに

ただただ圧倒されてしまいました。

 

Blog1807315 こんなものや…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1807313 こんなものや…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1807314 こんなものまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「オタク寄りのデザインフェス」といったイメージで

大手から個人まで、メジャーなものから異常なものまで、

雑多に並んだ雰囲気は確かに”カオス”でした。

 

 じつは、今年はこのワンフェスにも例の「ロボットラトル」で

出展をしてみようか…と考えていた時期もあったのですが、

結果的には見送った経緯もありました。

(その分、8月のC3TOKYOには2日間出展することにしました)

 

 最初は「このイベントは自分には太刀打ちできない世界だ」と

圧倒されながら思っていましたが、昼食を挟んで2巡目になると

少し冷静な気持ちで視察することができました。

 

 今後、このイベントに出展するかは定かではありませんが、

とりあえず8月のイベント結果を見てからまた考えたいと

思っております。

 

…勝機はあるような気がします(笑)。

 イベント後にはディズニーランドへ戻り、ゲート前で

フィナーレの花火を見ながら娘たちを待ちました。

 

Blog1807316 とてもハードな

 1日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラトル工房ブータレブー

http://www.bootaleboo.com  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

ゾイドを褒めてしまう職人

 どうやらこの暑さは8月上旬まで続いてしまうようです。

 さすがに「暑さが落ち着いたら…」と先延ばしをしても

いられないので、頭と首にタオルを巻いてガンガンと

作業を進めております。

 ネタがないので少し前の話しになってしまうのですが、

以前からとても楽しみにしていた「ゾイドワイルド」を

作ってみました。

 

Blog1807221 モーターを中核に

 組立てて…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1807222 そして完成。

 のしのし歩きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 商品について詳しくはタカラトミーのYouTube動画

あるので割愛しますが、モーターでリアルに歩くだけでなく

変形するとアクションも変わる、ものすごい玩具です。

 

 私がはじめて「ゾイド」を買ったのは最初期の…

 

Blog1807223 こんなゾイド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…でしたので、今の商品とは雲泥の差がありましたが、

それでも当時の衝撃はかなりのもので、購入したのは

小学校を卒業直後の「春休み」で、開業したばかりの

「ディズニーランド」のワールドバザールのお店で

買ったことを今でも鮮明に覚えています。

 

※ちなみに「ゾイド」が国内で販売開始された年と

 「ディズニーランド」の開業はともに1983年のようです。

 

 私が娘と同じ年齢だった頃に買って驚いた「ゾイド」を、

この年齢になってまた作って驚いているというのも、

なかなか考え深いものがあります。

 個人的にこの「ゾイドワイルド」の一番凄いところは、

「対象年齢:6歳以上」をキープしていることだと

思っています。

 

 年々厳しくなる「おもちゃの安全基準」を考えると

昔のおもちゃの「復刻版」の多くが大人向けの

「コレクターアイテム」として復活する道を選ぶのですが

(例えば超合金やトランスフォーマー、ダイアクロンなど)、

そこをあえて現代の基準に沿ったかたち

「子供向けのおもちゃ」として復活させていることに

開発陣の努力と苦心を感じてしまうのです。

 

 もちろん子供達にはまったく伝わらない努力だと

思うのですが(笑)、実際に作ってみると苦心の跡が

ひしひしと伝わってきます。

 本当にすばらしい玩具だと思います。

 

ラトル工房ブータレブー

http://www.bootaleboo.com  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

電源を直結した職人

 先週につづき今週も”茹だるような暑さ”が続いていますが、

がんばって製作を進めております。

 

Blog1807151 こんなのや…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1807152 こんなのも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん通常の”木のおもちゃ”もまじめに

製作していますが、本業に影響を出さないためにも

「夏休みの宿題」は早めに消化してしまいたいと

思っております。

 …そんな意気込みで作業に取り込もうとした矢先、

「電動糸鋸」が動かなくなってしまいました。

 

 調べてみたところ致命的な「モーター故障」

…ではなく(笑)、以前から不調の「電源スイッチ」

とうとう壊れてしまったようです。

 

Blog1807153 これです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 部品を取り寄せて交換することも考えましたが、

それを探す時間も惜しかったので手っ取り早く

電源ケーブルを「直結」してしまうことにしました。

 

Blog1807154 こんな感じで直結。

 絶縁テープで

 巻いて完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このままだと電源にコンセントを差しただけで

糸鋸がガタガタと動き出してしまうのですが、

「スイッチ付き延長ケーブル」を経由してやれば

それも問題ありません。

 

Blog1807155 今後はこちらが

 電源スイッチです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これでトラブルの種がひとつ解決してスッキリしました。

 ただしこの時期なので、調子にのって致命的な故障を

起こさないようには気を付けたいと思っております。

 

ラトル工房ブータレブー

http://www.bootaleboo.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

珪藻土の恩恵を感じる職人

 西日本では「豪雨」による被害が各地に広がっていますが、

ここ北関東では雨による被害はないものの連日の「猛暑」

見舞われています。

 

Blog1807081 気温も湿度も

 危険レベルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最高気温が35~36度まで上がることが珍しくなく、

さらに熱帯夜の寝苦しさもあって気力&体力的ともに

とても厳しい日々となりました。

 

 気温が30度を超えると電動工具への影響も出てくるので

できるだけ朝6時~11時までに作業を集中するように

「サマータイム進行」を心掛けています。

 木工作業では気温だけでなく湿度も天敵なのですが、

一応の対策として、作業部屋の壁面に「珪藻土」を塗って

湿度調節をしています。

 

Blog1807082 解りにくいですが

 白い壁面が

 珪藻土です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いまの作業部屋に移るときに、ボロ部屋だった雰囲気を

少しでも改善するためにホームセンターで購入したのが

こちら…

 

Blog1807083 室内用の

 「珪藻土壁材」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを4面の壁に塗りました。

 自分の手で塗ったのでよく見ると荒いのですが、

装飾としてだけでなく、他の部屋に比べて多少の

「湿度調節」をしてくれているようなのです。

 

※実際に「湿度計」で測ったわけではありませんが、

 他の部屋ではクッタリしていたコピー用紙(図面)が

 この部屋ではシャキッとしてくれる…ぐらいの

 効果は感じております。

 

 湿度調節は「木材の保管」にも必要なので、

ひーひー言いながら4面全てに珪藻土を塗っていた

昔の自分をほめてやりたい今日この頃です(笑)。

 

 もちろん気温を下げてくれる効果はまったくないので、

クーラーの効いた部屋での休憩と給水を挟みながら

「平成最後の夏」も乗り越えたいと思っております。

 

ラトル工房ブータレブー

http://www.bootaleboo.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

挑戦欲を持つことにした職人

 4月から中学生になった娘が選んだ部活動は

驚いたことに「剣道部」でした。

 

 私が中学時代に剣道部だった…ということは

あまり関係ないらしいのですが、わが娘ながら

興味を持ったことにはなんでも挑戦してしまう

姿には、ただただ凄いと思ってしまいます。

 

Blog1807011 「防具」も届き

 女剣士らしく

 なってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 父親的には「共通の話題のネタ」が増えたことを

内心で嬉しく思っていたりもします(笑)。

 娘に負けずに父親もどんどん挑戦を…ということで、

夏のイベント「C3AFA TOKYO 2018」に版権申請していた

6種類の「ロボットラトル」の最終許諾を頂きました。

 

 すでに自己責任で進めていた部分もありますが、

これでようやく”正式な版権許諾の商品”として

心置きなく突進することができます。

 

Blog1807012 じゃんじゃんと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1807013 じゃんじゃんと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…じつは昨年とは比較にならないほどの数量を

製作しております。

 

 昨年のイベントでの販売実績と、今年は出展日数を

増やしたことを考慮して考えた数量なのですが、

製作が進むにつれて「さすがに多すぎたか?」と

不安を感じる部分もあります。

 しかしここは、娘の部活に挑む姿に鼓舞されながら

父親らしい挑戦欲をもって頑張ろうと思っております。

 

…本当に父親らしいことかは、また別として(笑)。

 

ラトル工房ブータレブー

http://www.bootaleboo.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »