« 気の早い妄想をする職人 | トップページ | レンガ倉庫でワクワクする職人 »

2018年8月27日 (月)

C3AFA Tokyo 2018が終わった職人

 先週末の幕張メッセでのイベント「C3AFA Tokyo 2018」も、

お陰様で無事に終えることができました。

 

 昨年に続き2回目の出展だったので戸惑うこともなく

終始落ち着いて対応できたのではないかと思います。

 今回の展示方法はこんな感じで…

 

Blog1808271 テーブルの半分は

 商品を陳列

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1808272_2 半分は撮影用に

 サンプル展示

 雰囲気出しに

 「積み木」も活用。

 

 

 

 

 

 

 

…と、展示方法はいつもと同じ構成だったのですが、

昨年よりも作品点数がかなり多くなったので

テーブル全面が賑やかなブースになってくれました。

(…昨年がスカスカでしたので)

 

 結果、嬉しいことに2日間ともに大盛況で、

「ガンダム系」に関してはほぼ完売。

 一方「ボトムズ&マジンガー」はそこまでの勢いでは

ありませんでしたが、最後までどちらにするか悩んだ

末にガンダム系を選ぶ…という方がとても多かったので、

ラインナップに加えておいて良かったと思っています。

 

 そして何よりも反響が大きかったのがこちら…

 

Blog1808273 木馬こと

 木のホワイトベース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 用意していた数が少なかったこともありますが、

初日の2時間弱で完売してしまい、その後も

「これが欲しかったのに!」

「来年買うのでぜったい販売してくださいね」

…というお客様が続出で、驚いてしまいました。

 

 「ホワイトベース=木馬」というジョークがはたして

どれくらいの人に通じるのか不安だったのですが

やはり「類は友を呼ぶイベントなのだな」と

改めて痛感しました。

 来年も販売申請が決定です(笑)。

 イベント中はたくさんの方に賛辞をいただいたのですが、

とくに嬉しかったのが…

 

『恐らく一般の人たちに売れる商品ではないと思うけど、

 それでも君は「他の人が作りたくても作れないモノ」

 迷わずに作っているから、その姿勢を応援したくなる』

 

…という言葉でした。

 実際、こう言ってくれた方は昨年に5個、今年は6個も

まとめて購入してくれ、声援や励まし以上のものを

与えていただいたと思っています。

 

 なので、来年も必ずこのイベントに出展したいと思います。

 ご購入頂いた皆様、ブースまで足を運んで頂いた皆様に

心よりお礼申しあげます。

 昨年と同じように、初日のイベント後には家族に

「いきなりステーキ」を御馳走しました。

 

Blog1808274 たまには気前よく

 分厚い肉を(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夏の最後に実りの多いイベントとなりました。 

 9月&10月は本業の「ラトル工房の木のおもちゃ」での

イベントが続くのですが、それはまた徐々に紹介いたします。

 

ラトル工房ブータレブー

http://www.bootaleboo.com  

|

« 気の早い妄想をする職人 | トップページ | レンガ倉庫でワクワクする職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/249954/74110978

この記事へのトラックバック一覧です: C3AFA Tokyo 2018が終わった職人:

« 気の早い妄想をする職人 | トップページ | レンガ倉庫でワクワクする職人 »