« スタミナ料理に燃えた職人 | トップページ | こだわりが気づかれ難い職人 »

2018年10月 7日 (日)

70年代が2つ並んだ職人

 駐車場のサンルーフが吹き飛んでしまうほどの「台風」で

娘の「剣道の初試合」も中止になるかと心配しましたが

今週無事に開催されました。

 

Blog1810071 なかなかの

 競合いでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 残念ながら試合には負けてしまったのですが、

「足さばき」や「作法」などは十分に上達していたので

半年足らずの練習でよくぞここまで仕上げたものだ

…と、親バカ的に関心してしまいました。

 娘が奮闘する姿を目に焼き付けつつ、

私の方も「ザ・繁忙期」で連日奮闘しております。

 「やるべきこと」は雪だるま式に増えているのですが

そんな中…ロボットラトルの製作も進めております(笑)。

 

 設計は既に終わっているので、今週は「木材カッ」トや

一番の難所である「レーザー加工」も進めました。

 

 以前にブログで「レーザー加工」を紹介した際に、

「どうやってズレないように刻印しているのか?」

…という質問をいただいたので、今回の作業に沿って

説明をさせていただきます。

(※あくまでも自己流です)

 

Blog1810072 1)同サイズの図面から

  「刻印部」と「外形線」の

  2つの画像を作成します。

 

 

 

 

 

 

 

Blog1810073 2)厚紙やダンボールを

  設置してまずは

  「外形線」を刻印。

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1810074 3)外形線の上に

  部品を設置して

  今度は「刻印部」を

  焼いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

…と、やっていることは手間が少し掛かっているだけで

いたって「あたり前の方法」なのですが(笑)、

外形線を一度焼いてしまえば、あとは何枚でも

ズレずに焼くことができるので量産時にも便利です。

 

 そして完成した新作のロボットラトルがこちら。

 

Blog1810075 ゲッターロボより

 「ゲッター1のラトル」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マジンガーZと双璧をなす「70年代のロボットアニメ」と

いうことで、今回これを選んでみました。

(実際はマニア層に人気が高い近年のOVA版ですが)

 

 毎度のことながら「忙しいのに何をやっているのか」と

思われてしまいそうな内容ですが、これもしっかりと

収入につながる(かもしれない)作業なので、

気合を込めてやっております…必要以上に(笑)。

 

ラトル工房ブータレブー

http://www.bootaleboo.com

|

« スタミナ料理に燃えた職人 | トップページ | こだわりが気づかれ難い職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/249954/74348800

この記事へのトラックバック一覧です: 70年代が2つ並んだ職人:

« スタミナ料理に燃えた職人 | トップページ | こだわりが気づかれ難い職人 »