« こだわりが気づかれ難い職人 | トップページ | ふらりと出展してきた職人 »

2018年10月20日 (土)

強度を上げていく職人

 お陰様で今年の繁忙期も連日の御注文をいただくことができ

毎日バタバタと製作しております。

 

 作業机の上も気が付けばまた「星だらけ」になっていたので

それに合わせてしまっておいた「卓上クリスマスツリー」

引っ張り出してきました。

 

Blog1810201 ジングルベルが

 聴こえてきそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近頃は一年があっという間です。

 今年の繁忙期も「ラトル」「はがため」「ギフトセット」…と

いただく御注文は多種多様なのですが、その一方で

「ふりころり」 が意外な健闘をみせています。

 

Blog1810202 笑顔と若葉の

 2種類とも人気で

 在庫不足中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 この「ふりころり」は発売から早くも2年経ってしまいましたが

メインの”ラトル”などに比べて地味ながらも、じわりじわりと

販売数が増えてきている面白い商品です。

 

 販売数が伸びている原因は…私にもわからないのですが(笑)、

発売から少しづつ改良&改善を重ねてきているので、

完成度は確実に上がっていると自負しています。

 

 とくに「強度のアップ」は繰り返しており、

 

Blog1810203  若葉の茎に

 心棒を差したり…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1810204 車軸の径を

 6→8ミリに

 太くしたり…

 

 

 

 

 

 

 

 

…と細かい微調整を加えてきました。

 

 もちろん、壁や床に投げつけるなど荒く扱えば

壊れるときは壊れるのですが(笑)、必要最低限の

「強度」は確保していると思っています。

 

 それでも、もし

「子供は乱暴に扱うものだ」

「まったく壊れないおもちゃを作るべきだ」

…という御要望をお持ちの方は、別の商品をお求めください。

 

 とりあえず十分な在庫が用意できるように、

こちらの製作もがんばって行こうと思います。

 

ラトル工房ブータレブー

http://www.bootaleboo.com

|

« こだわりが気づかれ難い職人 | トップページ | ふらりと出展してきた職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/249954/74438182

この記事へのトラックバック一覧です: 強度を上げていく職人:

« こだわりが気づかれ難い職人 | トップページ | ふらりと出展してきた職人 »