« 悩んだ形で受賞できた職人 | トップページ | 油断で腰が砕けた職人 »

2019年6月 8日 (土)

ミツロウワックスを間違えた職人

 お陰様で「グッド・トイ」を受賞してからというもの

いつも以上の忙しさとなっております。

 

 受賞した「笑顔のふりころり」は御注文が増えることを

期待して多めの在庫を用意して待ち構えていたのですが、

それと同時に”ラトル”や”はがため”もバタバタと注文が

来てしまったので…少し唸ってしまいました。

 

Blog1906081

 

 「嬉しい悲鳴」とは正にこのことですが

頑張った甲斐あって、ひとまず山は越えてくれたと思います。

 たくさん作れば材料もどんどん減っていくわけでして、

木材の艶出し&撥水加工に使っている「ミツロウワックス」

底をついてしまったので、急遽補充しました。

 

Blog1906082

 

 私が開業当時から使っているのが、この

小川耕太郎∞百合子社」の未晒し蜜ロウワックスです。

 

 国内産のミツロウワックスとしてはメジャーな商品で、

仕上がりの良さと使いやすさ、さらに安全性の高さから、

ずっとこれを愛用しています。

 

 この商品には「固さ」の違いで

バター状の硬さの「Aタイプ」

マーガリン状の硬さの「Cタイプ」

…と、2つのタイプが販売されています。

 

 私はずっと「Aタイプ」を使っていたのですが

今回焦りすぎて「Cタイプ」を購入してしまいました(笑)。

 

 固さ以外の成分内容はまったく同じものなので、

試しに使ってみたのですが…これが今までよりも使いやすく、

とくに「ロボットラトル」など形が入り組んだ部品には

この「マーガリン状」の硬さのほうが細かい部分まで

浸透しやすいようです。

 

…今後はこちらのタイプを使っていこうと思います(笑)。

 ちなみに”ミツロウワックスの安全性”について

お客様から聞かれることがよくあります。

 

「ポツリヌス菌の危険性から”ハチミツ”は幼児にNG」

…という事例を知った方からの質問が大半なのですが、

結論から言うとその心配はありません

 

 根本的にミツロウにハチミツは含まれないうえ、

製造過程で高温処理がされるため、ポツリヌス菌の

死滅温度(65度)を超えています。

 

※メーカーHPに「食品分析センターによる分析結果」が

 掲載されていましたのでリンクも貼らせていただきます。

 →こちら

 

…と、まじめな話題は今週までとして、

次週からは「ロボットラトル」の製作状況の報告が続きます。

お楽しみに。

 

ラトル工房ブータレブー

 

|

« 悩んだ形で受賞できた職人 | トップページ | 油断で腰が砕けた職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悩んだ形で受賞できた職人 | トップページ | 油断で腰が砕けた職人 »