« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月29日 (日)

2019年を総括する職人

 2019年最後のブログ更新となりました。

 今年も良くも悪くもいろいろとありましたが、

こと「木のおもちゃ製作」に関しては、とても

”実りある一年”になってくれました。

 

 その牽引になったのは、やはりこの2つの作品

なるかと思います。

 

Blog1912291

「ふりころり」「ロボットラトル」です。

 

 「ふりころり」は2月にグッドトイアワードを

受賞させていただきましたが、正直なところ

直後はあまり反響を感じることは出来ずにいました。

…が、日を追うごとに着実に御注文が続くようになり、

今では頻繁に在庫補充を繰り返すようになっています。

 

 一方「ロボットラトル」は、昨年までは年1回の

販売イベント(C3マーケット)への出展だったところ

今年はさらに2回(ワンダーフェスティバル冬&夏)を

加えて1年に3回も出展してしまうという

…まさに攻めの姿勢で挑んでみたのですが(笑)、

結果は反響&実益の両方で大きく実ってくれました。

 

 「本業は着実、趣味は攻め」という奇妙なスタイルに

なってしまいましたが、自分の性格にはこれがとても

合っているようです。

 

 ”自分流のスタンス”に気付くことができたのが、

2019年いちばんの収穫だったと思っております。

 そして2020年ですが、とりあえずは出展が決まっている

2月の「ワンダーフェスティバル・冬」に全力で取り組み、

その後はオリンピックの影響で10月まで出展がないので

本業にひたすら注力する!

 

…という予定だったのですが、

先日、「エヴァンゲリオン・ワンフェス」という

イベントの6月開催が発表されてしまいました(笑)。

 

 あんな複雑な形状のロボットをラトルにするなんて

こんな短期間で設計するのは無理だろ……

 

Blog1912292

…できとるやないか(笑)。

 

…と明石家さんま風の”独りつっこみ”で今年は〆させていただきます。

来年もよろしくお願いいたします。

 

ラトル工房ブータレブー

 

| | コメント (0)

2019年12月23日 (月)

作業の後に作業をする職人

 先日最後の”クリスマス前発送分”を送ることができたので

今年の年末繁忙期もこれにて無事終了となりました。

 

Blog1912231

 

 御購入頂いた皆様に心よりお礼申し上げます。

 製作が終わったので一休み…とはならず、

さっそくロボットラトルの製作に移っております(笑)。

 

 先週に最終的な「版権許諾」をすべてのアイテムで

頂くことができたので、ここからは躊躇することなく

来年2/9のワンフェスに突き進めるわけです。

 

 今週末はさっそく遅れていた”レーザー刻印”

取り掛かったのですが、刻印の精度を上げるために、

今回から少し新しい手法を取り入れてみました。

 

Blog1912232

 まず2枚の色厚紙(※)を重ねて配置して、

”部品の外形線”でレーザーを照射。

上層の紙だけ切りぬきます。

 

※色素の薄い紙(白やパステル色)や光沢紙だと

 レーザーが反射して焼けにくいので濃い色紙を

 使っています。

 

Blog1912233

 

 切り抜いて微かに凹んだ箇所に部品を配置。

あとは通常通りに刻印してやれば、

ズレのない綺麗な部品に仕上がります。

 

Blog1912234

 大量に刻印してもズレがまったく起きません。

 

 これまでは1枚の台紙に「外形線」を描いて

その上に部品がズレないように慎重に乗せて

刻印していましたが、一発本番の作業なので

なかなか神経を使う工程でした。

 

 そこで”非力な我家のレーザー彫刻機”でも

厚紙ぐらいは切り出せるスペックなので

今回の方法を試してみたのですが、

凹部にはめ込むだけなので慎重さの必要もなく、

作業時間もかなり短縮することができました。

 

 楽だし、早いし、綺麗だし…で

我ながら良い方法を見つけたと思っています(笑)。

 

ラトル工房ブータレブー

 

| | コメント (0)

2019年12月14日 (土)

木工パテで穴をふさぐ職人

 今週も仕事と趣味の両駆動で製作続きの一週間でした。

 

 作業をするほど”木の端材”が発生してしまうのですが、

その端材を”焚火”として盛大に焼却することができる

旧友たちとの「長瀞キャンプ」に今年は都合が合わずに

参加することができなかったので、作業スペースを

圧迫しはじめている今日この頃です。

 

Blog1912144

…寒さも増して”焚火”が恋しい季節です。

端材の対処方法は落ち着いたら考えます。

 そんな端材ですが有効活用はいろいろと考えています。

以前に「木ダボへの活用」を紹介させていただきましたが、

今回は糸鋸作業で発生する「木粉」についてです。

 

 「ヘグナー製電動糸鋸」で切断すると”切りくず”が

とてもキメ細やかな粉状の「木粉」になるのですが、

時々これをケヤキ、ウォルナット…と木の種類ごとに

集めてパックに保存しています。

 

 その活用方法ですが…

Blog1912141

「木工用ボンド」と「木粉」を練り合わせます。

 

Blog1912142

 それを作業上やむなく開いてしまった”穴”などに

盛り付けます。

 

Blog1912143

 乾燥後にベルトサンダーで平らにしてやれば

穴が塞がってすっかり消えてしまいます。

 

※写真だと穴の跡がまだ薄っすらと見えますが、

 ニスやミツロウワックスで表面を仕上げると

 さらに見えにくくなります。

 

 木粉を「木工パテ」として活用できるわけです。 

 

 木粉も木工パテもホームセンターで購入可能ですが、

やはり使用している木材そのものから作った方が

当然ながら”木の色味や風合”がマッチしてくれます。

 

…やっていることはプラモデルと変わりませんが、

ちょっとしたテクニックの紹介でした(笑)。

 

ラトル工房ブータレブー

 

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

SF作品を見比べる職人

 12月といえば通常は「クリスマスの月」ですが、

今年は「スターウォーズ完結の月」でもあります。

 

 恐らく12/20はどんなに忙しくても仕事を休んで

映画館に行ってしまうと思うのですが(笑)、その前に

過去作で「予習&復習」をしておかなければなりません。

 

Blog1912081

 

 年末はやることがいっぱいです。

 SF好きの私にはもう一つ、現在”鑑賞”を日課に

している作品があります。

 

Blog1912082

 

アニメ「銀河英雄伝説」です。

※近年のリニューアル版ではなく旧作の方。

 無料動画サイト「GYAO!」で毎日1作ずつ公開されていて

仕事が終わった後の楽しみになっています。

 

 全110話…と”長編”にもほどがあるアニメなのですが

高校時代から恐らく10往復ぐらいは観ていると思います。

それぐらい好きなSF作品です。

 

 アニメの内容はWikipedia参照となりますが、

この歳で改めて見返しても面白さはまったくの不変で、

むしろストーリーの核になっている

「”優れた専制主義”と”堕落した民主主義”ではどちらが正しいのか」

…という部分に関しては、現在の世界情勢とリンクしてしまい

良くも悪くも”妙な没入感”を感じてしまいました。

 

 スターウォーズも基本的に「帝国軍VS共和国」なので

テーマは類似しているのですが、善悪のとらえ方などはやはり

アメリカ的だなあ…などと見比べてみるのもおススメです。

 

 12/8時点ではちょうど半分の”55話”まで進んでしまいましたが

かなり豪華な声優陣の声を聴くだけでも価値がある作品だと

思うので、興味のある方はぜひ御覧ください。

 

GYAO!公式ホームページ→こちら

 

ラトル工房ブータレブー

| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

ロボットも進化している職人

 今年も残すところあと1カ月になってしまいました。

 12月らしく朝晩の気温がぐっと下がってきたので

”石油ストーブ”がいきなり大活躍です。

 

Blog1912011

 

ネコも味を占めて離れてくれません。

 今週もクリスマスに向けて製作の毎日だったので

ブログのネタがとくにありません。

 

…なのでまた「ロボットラトル」の話題になりますが(笑)、

「グレートマジンガー&ゲッター1」の2点について

版権元の”永井豪とダイナミックプロ様”より

早くも最終許諾をいただくことができました。

 

 これでとりあえず

「出展はしたけれど販売できる商品がない」

…という最悪のケースは免れたようです(笑)。

※悪天候でイベント中止というケースはありますが。

 

 ダイナミックプロさんから許諾をいただいたのは

2年前の「マジンガーZのラトル」が最初になりますが、

今回の「グレートマジンガー」はそれと同じようでいて

じつは色々と進化しています。

 

Blog1912012

 

Blog1912013

 

主な改善点は

1)設定にあわせて身長が少し高くなりボリュームアップ。

2)背中に翼(スクランブルダッシュ)を追加。

3)顔の”レーザー刻印”の精度が向上。

…といった具合です。

 

 逆に”口の開口”は加工がとてもシビアだったので

今回はオミットさせていただきましたが、その分

アゴがしゅっとして精悍な顔つきになったと思います。

 

 ボリュームアップしたので販売価格も上げたいところ

でしたが、ここまで続けることができた感謝も込めて

今回も”値段据え置き”となっております(笑)。

 

 本業の製作を進めつつ、こちらの製作のほうも

年末に向けて加速させていきたいところです。

 

ラトル工房ブータレブー

 

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »